システム監査技術者試験過去問題


 下請業者から納品されたプログラムに,下請業者側の事情を原因とするバグが
発見され,プログラムの修正が必要となった。このとき,支払期日を改めて定め
ようとする場合,下請代金支払遅延等防止法上認められている期間(60 日)の起算日
はどれか。

 ア 当初のプログラムの検査が終了した日

 イ 当初のプログラムが下請業者に返却された日

 ウ 修正済プログラムが納品された日

 エ 修正済プログラムの検査が終了した日


『今だけ!! 最新技術の解説を無料提供』

    ●「5分でわかる最新キーワード解説」
    ●「ネットワーク早わかり講座」
    ●「運用コストを減らすワザ50」
    ●「すご腕アナリスト市場予測」などと言った
    いわゆるコンピュータ雑誌に掲載されているような
    価値のある情報です。

    普通なら、雑誌代に月々1500〜2000円は掛かるところですが、
    無料で購読することが出来てしまうお得なサービスです。
    とりあえず、申込んで、購読出来る環境を作っておきましょう。


        無料会員登録!!!


 ・Oracle Master受験チケット…定価22,260円⇒14,648円(限定数のみ)
 ・Java、Oracle Solaris、NetBeans受験チケット…定価34,230円⇒31,492円

 ・MySQL試験用受験チケット…定価22,260円⇒20,924円
 ・オラクルオンライン試験用受験チケット…定価14,280円⇒12,752円

 ・チケットは電子チケット(バウチャー)ですので、全品送料無料
 ・メール送信による納品につき、最短ならご入金当日の納品も可能

 ・領収書発送は無料サービス(メール便)ご指定の宛名で発行OK
 ・オラクル社の正規販売代理店、システム会社が運営する安心SHOP

   ベンダー試験 格安受験チケット
					

 ウ 修正済プログラムが納品された日

> 修正済みプログラムが納品された日からでないと、私ならキレちゃいます。

 どうもありがとうございます。

>  下請代金支払遅延等防止法の第2条の2から意訳すると、
> 「納品されてから検査の有無を別として60日以内のできるだけ短い内」
> とあるので、納品日から60日以内となります。
>  悪用しようとすると、「これは全社システムで○年計画だから」と言って
> システムが本稼働するまで支払いを止めてしまえます。

 どうもありがとうございます。

> 下請け業者から納品されたプログラムに、下請け業者側の事情を原因とするバグ 
> が発見され、プログラムの修正が必要となった時、支払期限を改めて定めようと 
> する場合、下請代金支払遅延等防止法上認められている期間(60日)の起算日は 
> 修正済みプログラムが納品された日
> http://alloces.sakura.ne.jp/html/jouhousyori/taisaku_am750.html

 どうもありがとうございます。

午後試験にも通用する知識習得には コレ!!
無料で購読出来ます。  試さないと、勿体無いですよ。

システム監査技術者試験  おすすめ参考書





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。