システム監査技術者試験過去問題


 外部委託に関するシステム監査において,経営破綻などによってソフトウェア
資産のメンテナンスが受けられなくなることを防ぐために確認すべき契約項目は
どれか。

 ア 開発したソフトウェアの瑕疵担保責任条項

 イ 外部委託先のサービスを評価するための SLA 条項

 ウ 責任の所在を明確にするためのソフトウェア開発の再委託禁止条項

 エ ソフトウェアのソースコードなどを第三者へ預託するエスクロウ条項


『今だけ!! 最新技術の解説を無料提供』

    ●「5分でわかる最新キーワード解説」
    ●「ネットワーク早わかり講座」
    ●「運用コストを減らすワザ50」
    ●「すご腕アナリスト市場予測」などと言った
    いわゆるコンピュータ雑誌に掲載されているような
    価値のある情報です。

    普通なら、雑誌代に月々1500〜2000円は掛かるところですが、
    無料で購読することが出来てしまうお得なサービスです。
    とりあえず、申込んで、購読出来る環境を作っておきましょう。


        無料会員登録!!!


 ・Oracle Master受験チケット…定価22,260円⇒14,648円(限定数のみ)
 ・Java、Oracle Solaris、NetBeans受験チケット…定価34,230円⇒31,492円

 ・MySQL試験用受験チケット…定価22,260円⇒20,924円
 ・オラクルオンライン試験用受験チケット…定価14,280円⇒12,752円

 ・チケットは電子チケット(バウチャー)ですので、全品送料無料
 ・メール送信による納品につき、最短ならご入金当日の納品も可能

 ・領収書発送は無料サービス(メール便)ご指定の宛名で発行OK
 ・オラクル社の正規販売代理店、システム会社が運営する安心SHOP

   ベンダー試験 格安受験チケット
					

 エ ソフトウェアのソースコードなどを第三者へ預託するエスクロウ条項

> メンテナンスが受けられなくなることを考慮するなら、この中で確認するのは、
> 第3者へのソース預託だと思います。
> エスクロウ条項というのは初めて目にする言葉ですが。

 どうもありがとうございます。

> http://www.h5.dion.ne.jp/~yoshijun/page014.html
> エスクロー契約
> 
>  一方、ソフトウェア・ライセンス契約においては、エスクロー業者の役割は上
> 記のものと異なります。ライセンサーはライセンス契約に際して、エスクロー業者
> にソフトウェアのソースコードや技術情報を預託します。その後、ライセンサーの
> 倒産等の一定の条件が成立した場合に、エスクロー業者がライセンシーに預託物を
> 開示するのです。このエスクロー業者の働きにより、ライセンサーは信用力の向上、
> ライセンシーは事故発生時のソフトウェア利用継続の保証と、当事者双方がメリット
> を得られるのです。

 どうもありがとうございます。

> ソフトウエア・エスクロウ
>  ”ソフトウエア・エスクロウ”とは、ソフトウエアのライセンスを行う場合に、
> そのソフトウエアのソースコードや技術情報を第三者(エスクロウ・エージェン 
> ト)に預託しておく制度である。エスクロウ・エージェントは、ソフトウエアの 
> 提供企業(ライセンサー)に倒産などがあった場合、ソースコード等の預託物 
> を、ライセンスを受けている企業(ライセンシー)に開示する。
> http://www.furutani.co.jp/cgi-bin/term.cgi?title=%83G%83X%83N%83%8D%83E

 どうもありがとうございます。

午後試験にも通用する知識習得には コレ!!
無料で購読出来ます。  試さないと、勿体無いですよ。

システム監査技術者試験  おすすめ参考書





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。